オパ雑記

脳は寝ている間に準備する

皆さんは、睡眠をどのようにとらえていますか?
重要と考えている方もあれば、寝ている時間がもったいないと感じる方もおられるのかも知れません。

わたしの場合は、睡眠は大切なものと感じています。
それは子どもの頃からなのですが、前日にしっかりと寝てさえいれば、とてもお昼間にはポテンシャルの高い活動ができると感じていました。

小学生の頃は夜9時には必ず寝かされていましたので、朝には自然と目が覚め、朝寝坊の経験がありませんでした。

その後大人になるにつれ、睡眠が短い方が優秀かのように短い睡眠で過ごした時代もありましたが、現在はそうではないと理解し、脳を扱う仕事をしていることもあって、また小学生のように9時には寝るという生活をしています。

夜寝ている間に脳は次の日の準備をしています。
脳を整理する以前は、寝る前にいろいろと考え事をしてしまい、寝付けないこともよくありました。
ですが、寝る前の考え事が何か有意義なことを生むことはありませんでした。

ですので今はもう夕方以降は一切の仕事はやめて、早い夕食を済ませ、ゆったりお風呂に入って9時頃には眠り、大切な仕事は明るいうちにするようにしています。

夜に大切なミーティングなどがあり、遅くなる時もありますが、普段から睡眠が足りているので、たまのことでしたら全く平気です。

朝何もなければ6時前くらいまで寝ています。
睡眠時間は8時間以上ということになります。

一日の長さからすると、活動に使える時間が少ないということになるのかも知れませんが、起きている間は一日中集中が続いても平気です。

脳は、寝ている間にちゃんと次の日の準備をしてくれていて、お昼間は自動運転という感じで、冴えた脳は処理能力も高く、長時間その冴えは持続します。

今のわたしにはこうした時間の使い方が合っています。

皆さんは、如何ですか?
睡眠の質はいいですか?

仕事が忙しいのだからそんな呑気に寝ていられない、と思われたでしょうか?

ですがわたしは、大切な自分が本来持っている自然なポテンシャルの高さを生かすこと以上に大切な仕事があるとは、ちょっと思えないのです。

その鷹揚としたゆとりある能力は誰にでもあります。
それは脳の使い方です。
寝ている間にその脳に準備をお願いしておくといいのです。

ともあれ、もし気持ち良く眠ることが難しいくらいにお昼間に神経を使っていたり、疲労を感じる方は、ぜひ一度ご相談にいらしてみてください。

オパケアを受けて頂くと、睡眠の質を上げたり、お昼間の処理能力を上げることができます。

睡眠時間が短くても、睡眠の質があがり、処理能力が上がるなら、嬉しいですよね。

ぜひ、ご体験なさってみてください。